アジアンキッチン「バール=タラ」。ネパール料理をおなかいっぱい食べよう!ランチも好評!

2015年4月25日に起きた ネパール大地震のご報告 Byバール=タラ

ナマステ!
ネパールの災害から約4ヶ月が経ちました。このブログで、初めてご報告させていただきます。

日本もさまざまな災害が襲った夏でしたが、ネパールも、4月25日大地震に見舞われたあと、すぐにやってきた雨期ということで、やっとトタン板を曲げて作った仮設住宅を豪雨や洪水が襲ったり、苦労が絶えなかったと思います。

これからは、雨のほとんど降らない、実りの秋の季節です。
大地の恵みがもたらされ、復興が進みますよう、心から願っています。

*************************

改めまして、たくさんの、お見舞いメールやお電話でご心配いただきまして、ありがとうございました。

店長、プルナの家は、震源に近いラムジュンの中心市街地なのですが、近代的な建物が多い為、大きな損害はありませんでした。
山の上にある土の家(実家)は、ヒビが入ってしまい、そのまま住むには危険だそうです。
どこも、きっとそういう感じだと思います。

震源地近くだけでなく、ネパール全土的に、古い家々が、壊滅となってしまいました。
そのとき日暮里の店(現在閉店)にいたスタッフたちの実家も、倒壊してしまいました。
でも家族たちは無事だったので、それが何よりです!
当時は、とても仕事をする気持ちではなかったのですが、でも私たちは仕事をしました。
すぐに飛んで帰りたいけれども、日本にいるほとんどのネパール人が、すぐにそうできる状況ではなく、とにかく日本での生活をしっかりすることしかできなかったから。
今はみんな、元気を取り戻して前に向かって歩いています。
私たちがそうであったように・・・
現実にどうやっていこうか、具体的なことを考える、大事な時期だと思っています。

当事者ががんばるとはいえ、観光でほとんどの人が暮らしているこの国では、いろいろな局面に立たされると思います。
立ち直るためのサポートはしていけたらと思います。

当店に出来る援助は微々たるものなのですが、
募金箱にお客様が少しずつ入れてくれたお金はずいぶん重くなりました。

これは、仙台市のネパールカレー屋さん、「あちゃーる」さんも協力してくださいました。

2011年の震災のときに、あちゃーるさんが行っていた、「カレーの力を信じてる」というプロジェクトに参加させていただきました。
今度はネパールのために、「カレーの力」で募金を集めてくださいました。
ほんとうにありがたいことです。

どこに募金したらよいか話し合いました。
ネパールは震災の前から、ボランティア王国です。
支援団体も政府団体もたくさんあります。
私たちとしては、店長の故郷で、震災をもろに受けた「ラムジュン」地域で、私たちが信じられる活動に、寄付していきたいと思っています。

募金のご報告は、数日中に、ブログでいたします。


これからの活動ですが、
■都内のフリーマーケットで、寄付していただいた古着を出店しようと思います。(当初ネパールに送ろうとしましたが、送料の方が高くなってしまうことと、衣類を届けるのはいろいろな事情で難しいのです)
売れそうで、寄付できるという方は、どうぞお送りください。(2015年9月中に)送られる方は、事前にメールか、お電話をください。
置く場所がないので、9月限定・また、お電話でご確認の上、お送りください。東京にお住まいの方で、現地に持ってきていただけるのなら、なお歓迎します。
(まあ、ご負担いただく送料の方が高くなってしまうかもしれないので、お近くのバザーに 出していただくのが良策かとも思います)

■引き続き、募金を集める。私たちにでもできるイベントをする。
風化させない活動(このブログなど)を、細々としていきます。 


※※個人的にいいなと思う募金先を集めてみました※※
情報は古くなっている可能性があります。(更新中)

■野口健さん ヒマラヤ募金

エベレストのベースキャンプで地震に合い、そのあと帰らずに麓の村々をすべて渡り歩いて
Facebookで紹介し、支援を呼び掛けています。 
http://www.noguchi-ken.com/M/2015/04/post-644.html

■Santosh・Reale fund サントス・レアーレファンド 
サッカーネパール代表のサントス選手とFCレアーレの代表 三好 彩さんがネパールへの義援金口座を開かれました 紹介しているブログです。
http://ameblo.jp/micro-toko/entry-12021831775.html

■ビジェタエココミュニティー 
Sundari Mica(スンダリ ミカ)さんのフェイスブックにて、活動内容が毎日紹介されていま
す。もともと子どもたちの学習支援の会ですが、今はカトマンズ近郊の被災地のために活動してます。

渡航できる方は、支援プロジェクトに参加できるようです。(もともとスタディツアーを実施していますが、今は通常の交流プランは作れませんので)
問い合わせてみてください。

■シャプラニールの会 http://www.shaplaneer.org/
現在、現地で救援活動をしています。

■三浦雄一郎事務所(ミウラ・ドルフィンズ)
登山家の三浦ファミリーが、全壊の村のシェルパ(登山ヘルパー)たちへの支援を行っています。
http://www.snowdolphins.com/pg160.html

■バール=タラも、継続的に募金を集めます。
(ゴルカ地方を中心に、募金を送る予定です)
みずほ銀行 西荻窪支店(普)1220155
ネパール ラムジュン支援の会
(募金専用の口座です)


ほかにもたくさんあると思います。
小さな団体に寄付することは送付先などがはっきりしてなかったり、簡単ではないですが、地道な活動をする団体を、どうか探してみてください(^^)


募金よりも、気持ちが人を豊かにすることもあります。
例えばもし、お近くのネパール料理で食べてくださったら、そこの店の人たちへの援助とな
ります。気持ちも楽しくなります。どうか、楽しくお食事しに行ってください(^-^)

当店にもどうぞ!プロの作るネパール料理を味わってください。
お待ちしています(^0^)

バール=タラ
栗山 早穂子